診断結果

  • 歯茎の腫れ
  • 口臭
  • よだれ

歯周病

解説

歯石の中の細菌が原因で口の中に炎症を起こす病気です。
歯ぐきの腫れや出血、口臭、よだれなどの症状が見られます。
年齢とともに発症率が上がる病気です。
また、歯肉炎はこの病気の初期段階です。

治療

歯周病の原因となっている歯石、歯垢を除去することで
細菌の増殖を防具ことができます。また、抗生物質などの
薬の投与による治療も行います。

予防

日頃から愛犬を歯磨きする習慣をつけることが大切です。

  • 口臭
  • よだれ
  • 口から出血

悪性黒色腫(メラノーマ)

解説

口の中に黒い腫瘍ができる病気です。リンパ節や肺に転移することもあります。
高齢な犬に多く見られる病気ですが原因ははっきりと分かっていません。
ぶどうの房のように腫瘍が盛り上がって見えることがあります。
病気の進行とともに口臭や血混じりのよだれが出ることがあります。

治療

手術で腫瘍を取り除くこともありますが抗がん剤や放射線治療を行うこともあります。

予防

発症の原因を特定することができないので発症を未然に防ぐことは困難です。
日頃から歯磨きしてあげているときなどに口の中をよく観察することが大切です。

  • 歯茎の腫れ
  • 口臭
  • 歯石がついている

歯槽膿漏

解説

歯周病が進行することによって起こる病気です。
放っておくと歯と歯茎の間にたまった膿が外に漏れ出恐れもあります。
歯の骨にまで炎症が起こると、最終的には歯がぐらぐらしてしまうため
愛犬が食事を取ることが難しくなってしまいます。

治療

歯周病が進んだ状態の病気なので歯周病と同じ治療法です。
歯周病の原因となっている歯石、歯垢を除去することで細菌の増殖を防ぐ、
抗生物質などの薬の投与といった治療が行われます。
歯石を除去し細菌の増殖を防いだり、ひどい場合は歯を抜くこともあります。
その後抗生物質や殺菌消毒薬などを投与します。

予防

犬の歯に歯石の原因となる歯垢や食べカスがたまらないように歯磨きすることが大切です。