動物病院

あらい犬・猫・鳥の病院

出典:Googleマイビジネス

基本情報

               
住所 〒360-0012 埼玉県熊谷市上之1774−21
営業時間 月曜日: 9時00分〜12時00分、 16時00分〜19時00分
火曜日: 9時00分〜12時00分、 16時00分〜19時00分
水曜日: 9時00分〜12時00分、 16時00分〜19時00分
木曜日: 定休日
金曜日: 9時00分〜12時00分、 16時00分〜19時00分
土曜日: 9時00分〜12時00分、 16時00分〜19時00分
日曜日: 9時00分〜12時00分
電話番号 048-525-5282
Webサイト https://arai-inunekotori-ah.com/

アクセス

Google 口コミ

少し遠いですが鳥を診てくれるという事で連れて行きました。 新しくお迎えしたサザナミインコの健康診断とセキセイの糞、そ嚢検査に。 サザナミインコは私は飼うのが初めてだったので、お迎えする前にネットなどで私なりに色々と調べました。もともと飛ぶより歩く方が得意らしく、野生では群れで木の枝などをつたって移動している事が多いと。なのでかごの中も飽きない様に止り木だけでなくロープでつたい歩き出来る様にしてみたり工夫しました。が、こちらの先生には「こんなのゴチャゴチャしてて羽ばたけないじゃん。鳥は羽ばたくものなんだから」とお叱りを受けました。 一緒につれてったセキセイインコならそれも分かりますが、サザナミに言われた時はえ?って思いました。。羽ばたくのは放鳥した時に出来るし、かごは安心して過ごせる場所として考えてたのですが(. .) 鳥わ診れる病院というわりには何か腑に落ちない印象を受けました。
セカンドオピニオンは改めて大切だなと思いました。愛犬がご飯を食べず心配になり、血液検査と点滴をしていただきました。血液検査に異常があるにもかかわらず、それ以上の検査はありませんでした。 愛犬は変わらずご飯を食べず、セカンドオピニオンが欲しく別の病院に行きました。腸炎と診断され薬をもらい数日で症状が改善しました。 人によって印象は違うと思いますが、50代くらいの男性の先生は柔らかい雰囲気ではなく、気軽に相談出来る感じではありませんでした。駐車場も5台くらいしかスペースがなく、近くのコインパーキングを使用しなければならず、不便でした。 口コミが良かったのでこちらに行きましたが、自分には合わなかったかなと思います。
インコを体重を量る時、タッパーに乱暴に入れて蓋をすぐ閉めるので足を挟みそうになりいつもハラハラした。 保定されるのはインコにとってはかなりのストレスなのに、一回終えたはずがまた皮の手袋でケージから握り出し、また保定。 後から患部の写真撮影、計測をかなり時間をかけてやっていた。 本来なら一度で終えたはず。 結果、抵抗して動いた際強く保定され、患部の首をしばらくいじられた後頸動脈内出血により急変して動かなくなり、 その際油性ペンで突ついて「おい。どーしたー。おい。」 一体何が起きたのか理解できませんでした。 その晩うちの子は亡くなりました。 首が血液でパンパンでした。 気になった患部を診てもらっただけなのに。 1回目の保定まではよく鳴き動き回りとても元気だったのに。 後悔しかない。 批判ではありません。 私とうちの子に起きた事実をここに残します。
とても良い先生でした。 親切に的確に診察して頂きとてもありがたく感謝しています