動物病院

アイビーどうぶつ病院

出典:Googleマイビジネス

基本情報

               
住所 〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷411−1
営業時間 月曜日: 9時00分〜12時00分、 15時00分〜18時00分
火曜日: 9時00分〜12時00分、 15時00分〜18時00分
水曜日: 9時00分〜12時00分、 15時00分〜18時00分
木曜日: 定休日
金曜日: 9時00分〜12時00分、 15時00分〜18時00分
土曜日: 9時00分〜12時00分、 15時00分〜18時00分
日曜日: 9時00分〜12時00分
電話番号 049-286-6301
Webサイト http://ivykun.com/

アクセス

Google 口コミ

ハムスターが冷たくなってしまい受診しました。 すごく優しい方達で信頼できる先生でした。 時間外の受診でしたが時間かけて話も聞いてもらい診察して頂きました。 ハムスターも元気になりとても感謝してます!ありがとうございました。
この度はハムちゃんの健康診断誠にありがとうございます。その他に食べ物などのアドバイスなど様々なことを教えて頂きありがとうございます。これからもかかりつけの動物病院としてご利用させて頂きます。誠にありがとうございました。
ジャンガリアンハムスター♂9ヶ月が、片方の頬が膨らんでいたため受診。針を刺す検査のあと、30分たらずで亡くなりました。 診察前に移動用ケースから出たがっていたので手を入れると元気に登ってきて私の腕の上で走り回っていました。頬の膨らみ以外は特に異常も症状もなく元気でした。うんちも正常、本当に元気でした。 検査はまず頬袋の中を確認したところ異常がなかったため、針を刺しての検査をお願いしました。その際、検査リスクの説明はありませんでした。 針を刺したところ予想外に濃い血が沢山とれた、と言われ、その後同じくらいの量の出血があったと聞きました。 戻ってきたハムスターは目を半分くらい開けたままぐったり動きませんでした。頬袋の検査のあとは暴れていたのに。 検査中は見せてもらえないためどんなことが起きていたかはわからないので先生の説明を信じるしかありません。 小さなハムスターの出血量が1ccで致死量ということを知っていたのか疑問です。ハムスターを飼われていて好きで楽しんで診察している、と言われていましたが、ハムスターについてどれくらいきちんとした医学的な勉強をして知識をお持ちだったのか。 手術ならまだしも、見た目の他今のところは異常がなく元気だった子が検査直後に死亡するとは考えもせず、冷たくなった愛ハムを抱えて、ただただ飼主として自分の判断を悔いました。普段はおとなしい子がとても暴れたと聞き、本当に怖くて痛かったのだろうと思うととても辛く涙が止まりません。検査しなければまだ生きられたのに。申し訳ない気持ちでいっぱいです。今もあの子がいないことが信じられず、なぜこんなにも急に死ななければいけなかったのか、自責の念に襲われています。 先生にとってはそんなこともある、ことかもしれませんが、飼主にとってはかけがえのない存在です。個性もあって他の子には変えられない存在です。闘病は仕方ないけれど検査で死亡はあまりに辛いです。 したがってハムスターの検査はエキゾチック専門医をおすすめします。
ウサギを連れて初診。 コロナ対策されているようで、待合室もしっかり管理されていました。受付の方もしっかりと応対されていて良かったです。院長先生( ) も丁寧に分かりやすく説明してくれましたので、今後もお世話になりたいと思います。 ただ、駐車場が狭いのがネックです。