ペットシッターについて

2021/06/08

ラビット
writer

〇そもそもペットシッターって何?


まず、ベビーシッターのことはご存じでしょうか?

ベビーシッターとは、ご家族に代わって子どものお世話をしてくれる人のことを言います。
ペットシッターはそのペット版だと思っていただければいいです!
つまり、ペットのお世話を代わりに見てくれる人のことをペットシッターといいます!

〇飼い主の味方


ペットとともに暮らす皆さん。

「少し出かけたいけど、老犬1匹でお留守番させるのは不安だ…」

「病気やケガを患ってしまい、十分にペットの面倒を見られない。」

こんなお悩みはありませんか?

老犬に限らずですが、おうちにペットを残して、長い時間家を空けたり、十分に目を配れなかったりするのは不安ですよね。
それが老犬だった場合は、その不安はさらに大きくなるはずです。
例えば、認知症の老犬の場合、食べ物ではないものを誤って食べてしまったり、トイレを失敗してしまったりすることがあるようです。
家に帰った時には家がぐちゃぐちゃ…なんてことになるのは勘弁してほしいですね。
そんなお悩みを解決してくれるのがまさに、ペットシッターなのです。

〇ペットシッターのお仕事内容とは?


ペットシッターの具体的なお仕事は、基本的に、お散歩、ごはん、トイレのお世話などです。

他にも、必要に応じて健康管理を行ったり、犬のしつけのトレーニングもしてくれたりなど、お世話全般を依頼できます。

ペットシッターは、飼い主の代わりに大切なペットを預かるお仕事です。
いきなり預けるのは不安かもしれませんが、きちんと愛情をもって接してくれるはずです。
信頼できるペットシッターがいれば、老犬などのペットの飼い主としては、すごく助かりますし、安心して預けることができるのではないでしょうか。
本日は、愛するペットとの生活の悩みを解決してくれるペットシッターのお話でした!
この“老犬ナビ”、ペットシッターの検索ができるようになっていますので、ご活用ください!

ペットシッターはこちら

挿絵:秋