老犬(シニア犬)におすすめのウェットフード5選!-柔らかいドッグフード

このサイトにはPRが含まれています

いぬどし
writer

総合栄養食としてのウェットフードとは

総合栄養食としてのウェットフードは、犬の体に必要な栄養素をバランスよく摂取させるための鍵となります。シニア犬の栄養バランスを保つために、ウェットフードの利用が推奨されています。

 

ウェットフードは生肉や野菜、穀物などを原料にしており、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。また、ウェットフードの多くには、シニア犬の関節や心臓の健康を維持するためのサプリメント成分が配合されていることもあります。

総合栄養食としてのウェットフードは、シニア犬の健康管理に欠かせない存在であるといえます。

 

総合栄養食とは

ドッグフードにおける総合栄養食とは、犬が必要とする全ての栄養素を均一に摂取できる食事のことを指します。つまり、これ一つで愛犬の食事が完結でき、主食となり得るフードのことです。

犬に必要な栄養素は多岐に渡りますが、これらを適量かつバランスよく摂取することで、健康的な体機能を維持し、病気の予防に寄与します。

 

総合栄養食の対比であるのが、トッピングやおやつです。これらは、ある特定の栄養素に特化していたり、組み合わせて使うことにより、バランスがとれた食事として成り立ちます。対して、総合栄養食は1つで食事のあらゆる役割を担えるため、注目されています。

特に、身体が弱ってくる老犬にとっては、健康を維持する秘訣としてドッグフードの見直しが重要です。

 

ウェットフードとは柔らかいドッグフード

ウェットフードは、鮮度や水分が多いペットフードです。

ウェットフードとドライフードは、共に犬の健康を維持するために必要な栄養素を提供しますが、さらに細かい分類や商品によって含まれる栄養素の特徴は変わってきます。栄養素以外にも、その形状や水分含有率、食事体験にあります。

 

ウェットフードの特徴

ウェットフードは缶やパウチに封入され、水分含有率が高いため、摂取しやすく、嗜好性が高いです。特に、高齢犬や食欲が落ちている犬には適しています。また、その水分量は腎臓の負担を軽減し、脱水を防ぐ役割も果たします。

一方、ドライフードは低水分で、長期間の保存が容易です。硬い食感は歯垢の除去に役立ち、歯周病予防に有効です。また、一般的にウェットフードよりもカロリーが高いため、活発な犬や成長期の犬には良い選択となります。

 

したがって、ウェットフードとドライフードは、それぞれ犬の異なるニーズに対応する食事となり得ます。ペットの健康状態やライフステージに応じて、適切な選択をすることが重要です。

 

フレッシュフードとは

ドッグフードにおけるフレッシュフードとは、新鮮な食材を主成分とした、犬のための食事を指します。その特徴は、その鮮度と生の食材の持つ栄養価の高さにあります。

フレッシュフードは新鮮な肉や野菜を主成分とし、添加物や保存料を極力使用しない傾向があります。これにより、必要な栄養素を自然の形で提供でき、犬の消化器系にも優しい食事となります。また、フレッシュフードはその香りや食感により、犬の食事への興奮度を高める可能性もあります。

 

メリット、デメリットはほとんどウェットフードと同じです。というのも、「フレッシュフード」に明確な定義がないため、ウェットフードと同じような扱いをする場合もあります。

この記事においても、特段、ウェットフードとフレッシュフードを区別することなく、「ウェットフード」に「フレッシュフード」が含まれるものとして扱います。

 

犬用のウェットフードのメリット

高い水分含有率

ウェットフードは通常70%以上の水分を含むため、脱水予防に役立ちます。特に、自発的に水分を取らない犬や腎臓に問題を持つ犬にとっては有益です。

 

嗜好性が高い

ウェットフードは香りが強く、多くの犬にとって食べやすい形状とテクスチャを持っています。食欲が減退した高齢犬や病気の犬に適しています。

 

栄養素の吸収が良好

ウェットフードは一般的に良質の原材料を使用していて、そのため、栄養素の吸収率が良い傾向にあります。

 

柔らかいため、噛む力が弱いシニア犬に適している

ウェットフードはソフトなテクスチャを持っているため、歯痛を持つ犬や噛む力が弱いシニア犬にも適しています。

 

無添加で安全なものもある

フレッシュフードなどの新鮮さや自然な食を特徴とするものは、添加物や保存料が使われていないく、安心して愛犬に与えることができます。

 

犬用のウェットフードのデメリット

保存性が低い

ウェットフードは開封後は冷蔵保存が必要で、その上限は通常数日間です。未使用部分は適切に保存しないと劣化したり、細菌が繁殖する可能性があります。

 

歯垢の蓄積につながる

ウェットフードはソフトな食感であるため、歯石の蓄積を防ぐ働きが少ないとされています。そのため、定期的な歯磨きやデンタルケア用のおやつなど、他の対策が必要です。

 

価格が高い

ウェットフードは一般的にドライフードと比較すると高価です。これは、製品自体の品質や、製造と保存のためのパッケージングによるものです。

 

慣れるとドライフードを食べなくなる可能性

ウェットフードの香りや味は多くの犬にとって魅力的で、ウェットフードのみに慣れてしまうと、ドライフードを食べなくなる可能性があります。

 

 

ウェットフードとドライフードの違い

ここでは、ウェットフードのメリットとデメリットをまとめます。

 

ウェットフードの
メリット
ウェットフードの
デメリット

・より高い肉成分を含んでいることが多く、犬が必要とする栄養素を豊富に得られる

 

・高い水分含有率で、犬が十分な水分を摂取するのに役立つ

 

・多くの犬にとって、美味しく感じる

・一般的にドライフードよりも高価

 

・保存性は比較的低く、開封後は速やかに消費する必要がある

 

上記の特徴を基に、ウェットフードとドライフードの特徴を簡易的に表すと、以下のようになります。

これはあくまで一般的な認識基準であり、個々の商品によって特徴はもちろん異なりますので、商品を選ぶ際は、さらに具体的に見ていく必要はあります。

 

ウェットフード ドライフード
栄養価
水分
保存性
口当たり
価格

 

 

老犬(シニア犬)向けおすすめウェットフード6選

価格面でネックとなりやすいウェットフードですが、ここでは、お得に使えるおすすめウェットフードをご紹介します。

期間限定のキャンペーンもあり、非常に安くなっているので、気軽にお試ししやすくなっています。このチャンスをお見逃しなく!

 

CoCo Gourmet(ココグルメ)

 

特徴

・国産フレッシュフード売上No.1
・栄養学専門の獣医師が作った手作りごはん
・返金保証付きのモニター価格あり
・定期購入ではなく、買い切り

 

利用者の声

「もうダメかもしれない…」というギリギリの状態でも元気に食べてくれた!

おいしそうにごはんを食べている姿を見てると嬉しくなる!

こんな食べてくれるこの子の姿は18年で初めて!

 

編集者のレビュー記事はこちら↓

ココグルメを試してみた感想!口コミや評判と比較してどう?

単品買い切りなので安心
お試しモニターセット980円
↓↓↓↓

CoCo Gourmet(ココグルメ)の詳細へ

 

犬猫生活 犬用手作りごはん

 

特徴

・専門家による安心サポート付き
・犬ごはん先生と獣医師が開発
・返金保証付きの初回限定キャンペーンあり
・定期購入だが、継続の縛りなし

 

利用者の声

飛びつくようによく食べる!

珍しく飽きずに食べてくれてる!

食材本来の匂いで、すごく美味しい!

 

質にこだわった手作りごはん
初回1,480円でお試しキャンペーン
↓↓↓↓

「犬猫生活 犬用手作りごはん」の詳細へ

 

PETOKOTO FOODS

 

特徴

・フード診断サービスで、適正カロリー量がわかる
・栄養学専門の獣医師とレシピ開発
・返金保証付きの初回30%OFFキャンペーン
・定期購入だが、継続の縛りなし

 

利用者の声

好き嫌いがあるわんちゃんでも気軽に試せる!

偏食がちでも圧倒的に食いつきが良い!

グラムのメモリ入りが測らなくて済むのでうれしい!

 

利用者の93%以上が継続
まずは無料フード診断から
↓↓↓↓

「PETOKOTO FOODS」の詳細へ

 

Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)

 

特徴

・「ドライ」と「やわらかドライ」がセット
・国産フード売上No.1
・栄養バランスに優れた獣医師監修レシピ
・買い切りのお試しセットが49%OFFで1,980円

 

利用者の声

小粒で食べやすい!

とても良い香り!

偏食気味の子も、よく食べる!

 

このページ限定の特価
↓↓↓↓

「Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)」の詳細へ

 

ロイヤルカナン ミニ アダルト ウェット

メディコート ドッグフード アレルゲンカット


まとめ:老犬(シニア犬)の健康維持に適したウェットフードの活用を!

老犬(シニア犬)の健康維持には、適切なウェットフードの活用が大変有効です。その理由は、ウェットフードがシニア犬の体調や生活習慣に対応した栄養補給を可能にするからです。

 

老犬は若い頃と比べて体力が落ち、水分摂取が不足しがちになります。また、噛む力の低下や食欲減退も見られることが多く、これらは適切な食事摂取を困難にします。

ウェットフードは高い水分含有率と柔らかい食感が特長で、これらの問題を解消します。また、ウェットフードは一般的に香りが強く、食事に対する興奮を引き出し、食欲を刺激することができます。